大阪の観光を盛り上げる!今年の旅行先はぜひ大阪に。 「大阪来てな!キャンペーン」がいよいよスタート ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでキックオフイベント開催

2022年7月18日(月・祝) ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内 「グラマシーパーク」

大阪府、大阪市は、大阪府内の各所で9月から冬にかけ、音楽や食、アートなど様々な体験をお届けする「大阪来てな!キャンペーン」の開催を発表し、7月18日(月・祝)に、「超元気特区」を宣言しているユニバーサル・スタジオ・ジャパンで「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベントを開催しました。

イベントには「大阪来てな大使」に就任したコシノジュンコさん、コブクロの小渕健太郎さん、黒田俊介さん、NMB48の渋谷凪咲さんが登壇し、大阪府の吉村知事、大阪市の松井市長とともに、大阪の魅力について語り合いました。またイベントでは、大阪観光を代表するユニバーサル・スタジオ・ジャパンによるスペシャルパフォーマンスのほか、この日が「大阪・関西万博」開幕の1000日前ということもあり、大阪・関西万博公式キャラクターが初登場し、愛称が「ミャクミャク」に決まったことが発表されました。また、「大阪・関西万博」のアンバサダーも務めるコブクロがスペシャルライブを行い、大阪・関西万博のオフィシャルテーマソング「この地球(ほし)の続きを」を初披露しました。


吉村知事、松井市長より「大阪来てな!キャンペーン」の紹介。府民の皆さんはもちろん、全国の皆さんにも、ぜひ大阪を思う存分楽しんでいただきたい。全国の皆さんに色々な大阪の場所に行っていただき、新たな大阪の良さを知っていただきたい。と呼びかけました。


「大阪来てな大使」に就任したコシノジュンコさん、コブクロの小渕健太郎さん、黒田俊介さん、NMB48の渋谷凪咲さんがステージに登場。
大使就任についてコシノジュンコさんは「何かが始まるんだと、いまからウキウキしている。大阪は楽しい、面白いがつきもの。面白いという字には白がある。何色にでも塗れる、今日は最高の色を塗っていきたい」と語り、コブクロの小渕健太郎さんは「高校を卒業してから大阪に住みだし、黒田と出会い路上で歌い始め、いまは夢の中にいるような気持ち。大阪は大好きな街。本当にたくさんの方に来てほしい」、渋谷凪咲さんは「生まれも育ちも大阪。口癖も“大阪来てな”だったので、我ながら大使にぴったり♪」、「大阪の良さは人の温かさ。失敗しても“面白かったらえーやん”という言葉で救われる。最後は笑い飛ばせる力強さがある、それが魅力」と、エピソードなどを語っていただきました。


続いて「大阪・関西万博」の開幕1000日前記念イベント「1000 Days to Go!」がスタートし、若宮国際博覧会担当大臣が登壇。吉村知事、松井市長とともに「夢を実現できるのが万博。大阪・関西万博はみなさんのアイデアと工夫で未来が変わるキッカケになるかもしれない」と、これからの盛り上がりに期待高まるコメントも。さらに、開幕に向けて府民と一緒に盛り上がりを共有したいと、大阪府庁と大阪市役所に設置されるカウントダウンクロックを2025年日本国際博覧会協会の石毛事務総長、経済団体ゲストらとともに除幕、初お披露目しました。
大阪・関西万博のアンバサダーも務めるコブクロはこの日限りのスペシャルライブとして、 「桜」や「轍」などのヒット曲のほか、大阪・関西万博オフィシャルテーマソング「この地球(ほし)の続きを」も初披露。「この曲はこの地球の未来・命・平和などを考え、素晴らしくあって欲しいという願いを込めて作った曲。万博から繋がって行く物語へ、元気な風を吹かせることができたら」と、会場を盛り上げました。
この日は東京でも開幕1000日前を記念したイベントが催されたこともあり、東京での模様も紹介。映像には岸田総理が登場し「万博を通じて、先端技術によって時代を切り開く、社会課題を解決していく機会になれば」とコメント。ステージには、大阪・関西万博公式キャラクターも登場し、総応募件数33,197件から選ばれた愛称が「ミャクミャク」に決定したことが発表されました。
イベントの最後には出演者全員が再び登場。イベントを振り返り、コブクロのふたりは「ライブでオフィシャルテーマソングを歌うことで、もっと遠くまで届く予感がした」と熱い気持ちを語り、渋谷凪咲さんは「明日からワクワクして過ごせそう。大阪により笑顔が溢れますように」と集まった観客らに声を掛けました。最後に出演者全員で記念撮影を行い、「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベントの幕が閉じました。

Minions and all related elements and indicia TM & © 2022 Universal Studios. All rights reserved.
TM & © Universal Studios. All rights reserved.

トップへ戻る

大阪来てな